03 操作と表示概略

Google Earth(グーグルアース)の基本的なインターフェースは、マウスのドラッグで移動し、画面下のコンソールパネルで拡大縮小、回転、ティルト(傾き)を調整するが、ダブルクリックや右ボタンドラッグ、ホイール操作にも動作が割り付けられており、慣れればマウスだけでもかなりの操作が可能となる。Altキーを押しながらの操作は、たいていの場合「緩やかに」



という指定になる。

基本的には、画像データはPC上に置かず、すべてインターネット経由でGoogle社のサーバから転送する。このため、回線速度が遅いユーザーは、高解像度領域を表示した時に特に表示が遅くなってしまう。転送された画像データは、メモリとハードディスクにそれぞれキャッシュするようになっている。

なお、描画エンジンにはOpenGLとDirectXを選択することができる。

また、この他にも多彩なオプションが用意されており、カスタマイズができる。国境線(北米などでは州境)を線で表示できるほか、多様なオプション表示(ホテルなどの商業施設、空港などの公共交通施設など)が選択可能である。

また、標準での標高・視点距離表示はマイル・フィートが使われているが、オプション画面でメートル法にすることができる。

3DCADベンダーとして有名なBentley Systems(USA)の主力製品である3次元CAD:MicroStationによりGoogle Earthへ3D Modelをexportできるようになった。 また、それらのModelにword,excel,pdfなどのファイルやModelに関するCADデータなどのリンクを設定し、Google Earth上で情報共有できるようだ。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


蔵画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。