05 地点の保存と公開

Google Earth(グーグルアース)では、Placemarkを置いてその上でセーブ操作を行うと、KMLファイル(Keyhole Markup Language)またはKMZファイル(KMLファイルをZIP形式で圧縮したもの)をローカルに保存できる。


これをWebページにアップロードして、ユーザーにダウンロードさせるという手法が取れる。Google Earthがインストールされていれば、拡張子.kmlと.kmzファイルはGoogle Earthに関連づけがなされるため、非常に便利である。

また、地点を連続して移動する「ツアー」機能もある。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


蔵画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。