01. 特徴

Google Earth は、ブロードバンド回線を必要とする 3D ソフトウェアで、すべてのコンピュータで実行できるわけではありません。

4 年以上前のデスクトップ コンピュータでは、実行できない可能性があります。
2 年以上前のノートブック コンピュータでは、実行できない可能性があります。


地域によるが、たいていの山がポリゴンになっており、画面を傾けると立体的な表示となる。

続きを読む・・


02 概要

Google Earthは、地域により異なるが、基本的には地球全域はEarthsat社の衛星写真を用いている。北米の一部では、パブリック・ドメインな衛星写真(例:NIMA (National Imagery and Mapping Agency)、ニュージャージー州など)を用い、その他の領域においては衛星写真販売各社(Digitalglobe、Blueskyなど)の衛星写真を用いている。

続きを読む・・

03 操作と表示概略

Google Earth(グーグルアース)の基本的なインターフェースは、マウスのドラッグで移動し、画面下のコンソールパネルで拡大縮小、回転、ティルト(傾き)を調整するが、ダブルクリックや右ボタンドラッグ、ホイール操作にも動作が割り付けられており、慣れればマウスだけでもかなりの操作が可能となる。Altキーを押しながらの操作は、たいていの場合「緩やかに」



続きを読む・・

04 Fly to 機能

Google Earth(グーグルアース)には、地名や座標を入力するためのFly toというテキストボックスがある。

地名などを入力する機能があるが、予想通りの動作をしないことが多い(たとえば"Fuji, Japan"と入力すると、北海道・斜里岳付近に移動する)ため、日本人にとっては使いにくいものとなってしまっている。また、綴りのミスも散見される。(例:香川県丸亀市→Maragume)



続きを読む・・

05 地点の保存と公開

Google Earth(グーグルアース)では、Placemarkを置いてその上でセーブ操作を行うと、KMLファイル(Keyhole Markup Language)またはKMZファイル(KMLファイルをZIP形式で圧縮したもの)をローカルに保存できる。


続きを読む・・

06 必要なスペック

Google Earth(グーグルアース)の動作環境

Windows版

最低限の環境
 OS:Windows 2000, Windows XP
 CPU:インテル PentiumIII 500MHz 相当

続きを読む・・

07 問題点

Google Earth(グーグルアース)の問題点は、日本語版Windows2000やWindows XPでの問題(だけでなく、2バイト文字圏すべてで発生する可能性がある)として、ログインユーザー名に2バイト文字が含まれていると、インストールしてもサーバに接続できないなど、問題が発生する。
2005年8月18日に韓国のとある掲示板からの抗議により、日本海が「Sea of Japan(East Sea)」から「East Sea(Sea of Japan)」と変更されてしまい、日本側から抗議がGoogleに殺到した。


続きを読む・・

08 さあ、ダウンロードしましょう

では、早速ダウンロードしましょう。

ダウンロード編

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。